[中国代表]エウケソンとリカルド・グラールが中国帰化のオファーを受け入れ

中国スーパーリーグでプレーするブラジル人選手、エウケソン(上海上港)とリカルド・グラール(広州恒大)が中国サッカー連盟からのオファーを受け入れ、同国に帰化した上で中国代表としてプレーすることが明らかになりました。

中国からの報道を元に29日にはブラジルでも報じられ、31日のニッケイ新聞でも記事になっていました。

《サッカー》リカルド・グラールとエウケソンが中国帰化へ=同国リーグではスーパースター
(ニッケイ新聞 2019年5月31日付)

中国では圧倒的な成績を残す2人

Embed from Getty Images

エウケソンはボタフォゴ、ヴィトーリアでプレーした後、2013年に広州恒大入り。13年と14年には得点王を獲得するなど、中国スーパーリーグ5連覇に貢献しています。上海上港に移籍した16年以降も活躍を続け、今年4月にはAFCアジアチャンピオンズリーグ(以下、ACL)のグループリーグで川崎フロンターレとも対戦しています。

Embed from Getty Images

リカルド・グラールは15年に広州恒大へ加わり、エウケソンとも1シーズン共にプレーしています。その年のACLでは大会MVPと得点王のタイトルを獲得し、クラブの2年ぶり2回目となるアジア制覇に貢献。中国スーパーリーグでも年間MVPに輝いています。今シーズンはパルメイラスへ期限付き移籍したものの、5月には帰還を果たしています。

帰化選手を軸に強化を進める中国代表

中国代表はイタリア代表を率いたこともあるマルチェロ・リッピ監督の下、2022年W杯カタール大会で5大会ぶりの出場を目指しています。

30日に発表された6月に行われる国際親善試合の中国代表メンバーには、両親がキプロスと中国出身で自身はイングランドで生まれたMFニコ・イェナリス(北京国安)を招集したばかり。

FIFA(国際サッカー連盟)の規定では帰化選手が代表チームでプレーするためには、その国に5年以上滞在することが条件となります。2013年に広州恒大に加入したエウケソンはすでにその条件をクリアしており、リカルド・グラールも2020年1月には条件を満たすとのこと。

エウケソンは2011年、リカルド・グラールは14年にブラジル代表に招集され、試合に出場しているものの、いずれも国際親善試合だったため中国代表でプレーすることに問題はありません。

今年9月にはアジア2次予選が始まります。まだ組み合わせは発表されていませんが、中国代表の動向から目が離せません。

[エクアドル代表]コパ・アメリカのメンバー発表!ブラジルでプレーする選手に明暗分かれる

Embed from Getty Images

エクアドル代表のエルナン・ダリオ・ゴメス監督は20日、コパ・アメリカに出場するエクアドル代表メンバー23名を発表しました。

MFアントニオ・バレンシア(マンチェスター・U)のように経験豊富な選手が招集された一方、DFシャビエル・アレアガ(シアトル・サウンダーズ)といった若手も抜擢されました。

アレアガは昨年11月の国際親善試合、パナマ戦で代表デビューしたばかりの24歳。今月、バルセロナSCからアメリカのシアトル・サウンダーズへ移籍を果たしたばかりの若手です。

選手にとっての明暗、クラブにとっての明暗

開催国・ブラジルのメディアは、コリンチャンスとサンパウロに所属するエクアドル人選手の明暗について報じています。

「明」はCBロベルト・アルボレダ(サンパウロ)。2017年6月にウニベルシダ・カトリカから加わり、ブラジル全国選手権では2シーズンで49試合に出場したセンターバックです。

一方、「暗」はMFフニオール・ソルノサ(コリンチャンス)。パチューカ、フルミネンセを経て、今シーズンから加入したミッドフィルダーは、40人の予備リストには入ったものの最終選考に残ることができませんでした。

しかしながら所属クラブにとっては、明暗が入れ替わります。第5節まで消化したリーグ戦(ブラジル全国選手権)はコパ・アメリカ開催中、約1ヶ月にわたって中断されます。

とはいえ、大会開幕(6/14)の直前、6/12,13に第9節が行われるため、代表招集された選手はそれぞれの代表の集合日によるものの、数試合を欠場しなければなりません。

選手を送り出すチームにとっては「暗」、招集されなかったクラブにとっては「明」ともなるわけです。

もちろんクラブから代表選手が出ることは名誉なことです。その選手の市場価値も上がります。しかし、大会直前までリーグ戦があることで難しい状況が生まれてしまっています。

グループCに所属するエクアドルはウルグアイ(6/16)、チリ(6/21)、日本(6/24)と対戦します。日本の対戦相手という意味でも目が離せないチームです。

コパ・アメリカに臨むエクアドル代表メンバーは次の通りです。

<エクアドル代表>
▽GK
アレクサンデル・ドミンゲス(ベレス・サルスフィエルド/ARG)
ペドロ・オルティス(デルフィン)
マキシモ・バンゲラ(バルセロナSC)

▽DF
アルトゥーロ・ミナ(マラティヤスポル=トルコ)
ロベルト・アルボレダ(サンパウロ/BRA)
ペドロ・パブロ・ベラスコ(バルセロナSC)
クリスティアン・ラミレス(クラスノダール=ロシア)
シャビエル・アレアガ(シアトル・サウンダーズ/USA)
ホセ・キンテーロ(LDUキト)
ベデル・カイセド(バルセロナSC)
ガブリエル・アチリエル(モナルカス・モレリア)

▽MF
レナト・イバーラ(クラブ・アメリカ/MEX)
カルロス・グルエソ(FCダラス/USA)
ロマリオ・イバーラ(ミネソタ・U/USA)
アイルトン・プレシアード(サントス・ラグナ/MEX)
ジェフェルソン・イントリアゴ(LDUキト)
アントニオ・バレンシア(マンチェスター・U/ENG)
ジェフェルソン・オレフエラ(LDUキト)
アンドレス・チカイサ(LDUキト)
ジェクソン・メンデス(オーランド・シティ/USA)

▽FW
カルロス・ガルセス(デルフィン)
アンヘル・メナ(レオン/MEX)
エネル・バレンシア(ティグレス/MEX)

[U-20アルゼンチン代表]U-20W杯に臨む21名を発表、キャプテンは18歳のCB

Embed from Getty Images

U-20アルゼンチン代表を率いるフェルナンド・バティスタ監督は3日、5月23日からポーランドで開催される2019FIFA U-20ワールドカップのメンバー21名を発表しました。

キャプテンを務めるのはセンターバック、ネウエン・ペレス。昨年7月にアトレティコ(スペイン)への移籍を果たした18歳で、年上の選手もいる中でキャプテンを託されました。2018/19シーズンは所属元であるアルヘンティノス・ジュニオルスにレンタルバックされ、リーグ戦3試合に出場しています。

アルゼンチンはグループFに所属。南アフリカ(5/25)、ポルトガル(5/28)、韓国(5/31)と対戦します。

メンバーは次の通りです。

<U-20アルゼンチン代表>
▽GK
マヌエル・ロッフォ(ボカ・ジュニルス)
ヘロニモ・ポウルタウ(エストゥディアンテス)
ホアキン・ブラスケス(バレンシア/ESP)
▽DF
ネウエン・ペレス(アトレティコ/ESP)
フランシスコ・オルテガ(ベレス・サルスフィエルド)
ファクンド・ムラ(エストゥディアンテス)
マクシミリアーノ・セントゥリオン(アルヘンティノス・ジュニオルス)
マルセロ・ウェイガン(ボカ・ジュニルス)
ファクンド・メディナ(タジェレス)
▽MF
サンティアゴ・ソーサ(リーベル・プレート)
アグスティン・アルメンドラ(ボカ・ジュニルス)
ゴンサロ・マローニ(タジェレス)
アニバル・モレノ(ニューウェルス・オールド・ボーイズ)
ファウスト・ベラ(アルヘンティノス・ジュニオルス)
クリスティアン・フェレイラ(リーベル・プレート)
エセキエル・バルコ(アトランタ・ユナイテッド/USA)
▽FW
フリアン・アルバレス(リーベル・プレート)
アドルフォ・ガイチ(サンロレンソ)
アグスティン・ウルシ(バンフィエルド)
トマス・チャンカライ(コロン)
ペドロ・デ・ラ・ベガ(ラヌース)

[U-20エクアドル代表]日本と同組の南米王者がメンバーを発表

Embed from Getty Images

U-20エクアドル代表のアルゼンチン指揮官、ホルヘ・セリコ監督は25日、2019FIFA U-20ワールドカップに臨むメンバー21名を発表しました。

21名のメンバーには南米予選で6ゴールを挙げて得点王に輝いたFWレオナルド・カンパーナを始め、ベスト11に選出されたDFディエゴ・パラシオス、DFジャクソン・ポロソ、MFゴンサロ・プラタも含まれています。

南米王者として大会に挑むエクアドルはグループBに所属。日本(5/23)、イタリア(5/26)、メキシコ(5/29)と対戦します。

<U-20エクアドル代表>
▽GK
モイセス・ラミレス(レアル・ソシエダ/ESP)
ピエーレ・ベッロリオ(ウニベルシダ・カトリカ)
ヨハン・ララ(SDアウカス)
▽DF
ジャクソン・ポロソ(サントス/BRA)
ジョン・エスピノーザ(SDアウカス)
グスタボ・バジェシージャ(SDアウカス)
リカルド・ミナ(SDアウカス)
ディエゴ・パラシオス(ヴィレムII/NED)
▽MF
ホセ・シフエンテス(アメリカ・デ・キト)
ホルディ・アルシバル(LDUキト)
セルヒオ・キンテーロ(インバブラSC)
ゴンサロ・プラタ(スポルティングCP/POR)
アレシャンデル・アルバラード(SDアウカス)
ルイス・エストゥピニャン(ムシュク・ルナ)
ホルダン・レサバーラ(インデペンディエンテ・ジュニオルス)
ルイス・カスティージョ(プエルト・キト)
ルイス・ロール(インデペンディエンテ・ジュニオルス)
ジェフェルソン・アルセ(LDUキト)
▽FW
スティベン・プラサ(レアル・バリャドリード/ESP)
レオナルド・カンパーナ(バルセロナSC)
ダニエル・セグラ(アメリカ・デ・キト)

[チリ代表]メキシコ、アメリカとの親善試合にビダルら23名招集

Embed from Getty Images

チリサッカー連盟は14日、国際親善試合に臨むチリ代表メンバー24名を発表しました。22日にメキシコ、26日にはアメリカと対戦します。

マンチェスター・ユナイテッドでプレーするFWアレクシス・サンチェスが3月2日のプレミアリーグで負傷。復帰まで全治2ヶ月を要するため、今回の親善試合ではメンバー外となっています。

昨年8月には日本と親善試合をするために来日したものの、北海道胆振東部地震の発生により札幌ドームで開催予定だった試合は中止となってしまいました。コパ・アメリカ3連覇を狙うチリと日本がグループリーグで同じ組に入っています。

<チリ代表>
▽GK
ガブリエル・アリアス(ラシン/ARG)
ブライアン・コルテス(コロコロ)
ローレンス・ビグルー(スウィンドン/ENG)
▽DF
マウリシオ・イスラ(フェネルバフチェ/TUR)
ギジェルモ・マリパン(アラベス/ESP)
パウロ・ディアス(アルアハリ/SAU)
ゴンサロ・ハラ(エストゥディアンテス/ARG)
イゴール・リチノフスキー(クルス・アスル/MEX)
エウヘニオ・メナ(ラシン/ARG)
オスカル・オパソ(コロコロ)
セバスティアン・ベガス(モレリア/MEX)
▽MF
アルトゥーロ・ビダル(バルセロナ/ESP)
チャルレス・アランギス(レバークーゼン/GER)
ガリー・メデル(ベシクタシュ/TUR)
エリック・プルガル(ボローニャ/ITA)
パブロ・エルナンデス(インディペンディエンテ/ARG)
ジミー・マルティネス(ウニベルシダ・デ・チレ)
ディエゴ・バルデス(サントス・ラグナ/MEX)
▽FW
ニコラス・カスティージョ(クラブ・アメリカ/MEX)
ヘアン・メネセス(レオン/MEX)
フェリペ・モラ(プーマスUNAM/MEX)
イバン・モラレス(コロコロ)
エステバン・パベス(コロコロ)
ディエゴ・ルビオ(コロラド・ラピッズ/USA)

[パラグアイ代表]ベリッソ新監督の初陣、アメリカでの国際親善試合メンバーを発表

Embed from Getty Images

パラグアイサッカー協会は14日、3月にアメリカで開催されるパラグアイ代表の国際親善試合のメンバー28名を発表しました。

昨年9月から同チームを率いてきたオソリオ監督が今年2月に辞任。後任監督に就任したアルゼンチン出身のエドゥアルド・ベリッソ氏にとっては、この2連戦が初陣にしてコパ・アメリカ前最後の親善試合です。

22日にはニュージャージー州でペルーと、26日にはカルフォルニア州でメキシコと対戦します。

<パラグアイ代表>
▽GK
ロベルト・フェルナンデス(ボタフォゴ/BRA)
アントニー・シルバ(ウラカン/ARG)
ファン・エスピノラ(ナシオナル)
▽DF
ブルーノ・バルデス(クラブ・アメリカ/MEX)
ファビアン・バルブエナ(ウェスト・ハム/ENG)
ロベルト・ロハス(リーベル・プレート/ARG)
グスタボ・ゴメス(パルメイラス/BRA)
フニオール・アロンソ(ボカ・ジュニオルス/ARG)
ロレンソ・メルガレホ(スパルタク・モスクワ/RUS)
サウール・サルセド(ウラカン/ARG)
イバン・ピリス(リベルタ)
フアン・エスコバル(セロ・ポルテーニョ)
サンティアゴ・アルサメンディア(セロ・ポルテーニョ)
▽MF
ロベルト・ピリス・ダ・モッタ(フラメンゴ/BRA)
クリスティアン・パレデス(ポートランド・ティンバーズ/USA)
ミゲル・アルミロン(ニューカッスル/ENG)
オスカル・ロメロ(上海緑地申花/CHN)
エクトル・ビジャルバ(アトランタ・ユナイテッド/USA)
アレハンドロ・ロメロ(NYレッドブルズ/USA)
マティアス・ロハス(デフェンサ・イ・フスティシア/ARG)
ロドリゴ・ロハス(オリンピア)
ディエゴ・バルデス(サンロレンソ/ARG)
▽FW
デルリス・ゴンサレス(サントス/BRA)
エルナン・ペレス(エスパニョール/ESP)
アントニオ・サナブリア(ジェノア/ITA)
カルロス・ゴンサレス(UNAMプーマス/MEX)
セシリオ・ドミンゲス(インデペンディエンテ/ARG)
アンヘル・ロメロ(コリンチャンス/BRA)

コパ・リベルタドーレス2019

Embed from Getty Images

<試合日程・結果>

 グループA
順位 チーム 勝ち点 試合数 勝ち 分け 負け 得点 失点 得失点
🇧🇷インテルナシオナル +3
🇦🇷リーベル・プレート
🇨🇱パレスティノ −1
🇵🇪アリアンサ・リマ −2
 グループB
順位 チーム 勝ち点 試合数 勝ち 分け 負け 得点 失点 得失点
🇧🇷クルゼイロ +1
🇪🇨エメレク
🇻🇪デポルティボ・ララ
🇦🇷ウラカン −1
 グループC
順位 チーム 勝ち点 試合数 勝ち 分け 負け 得点 失点 得失点
🇨🇱ウニベルシダ・デ・コンセプシオン +1
🇦🇷ゴドイ・クルス
🇵🇾オリンピア
🇵🇪スポルティング・クリスタル −1
 グループD
順位 チーム 勝ち点 試合数 勝ち 分け 負け 得点 失点 得失点
🇧🇷フラメンゴ +3
🇺🇾ペニャロール +2
🇪🇨LDUキト
🇧🇴サン・ホセ −5
 グループE
順位 チーム 勝ち点 試合数 勝ち 分け 負け 得点 失点 得失点
🇵🇾セロ・ポルテーニョ +2
🇺🇾ナシオナル +2
🇻🇪サモラ −2
🇧🇷アトレチコ・ミネイロ −2
 グループF
順位 チーム 勝ち点 試合数 勝ち 分け 負け 得点 失点 得失点
🇧🇷パルメイラス +5
🇦🇷サン・ロレンソ +1
🇵🇪メルガル −3
🇨🇴フニオール −3
 グループG
順位 チーム 勝ち点 試合数 勝ち 分け 負け 得点 失点 得失点
🇦🇷ボカ・ジュニオルス +3
🇧🇷アトレチコ・パラナエンセ +3
🇨🇴デポルティボ・トリマ −2
🇧🇴ホルヘ・ウィルステルマン −4
 グループH
順位 チーム 勝ち点 試合数 勝ち 分け 負け 得点 失点 得失点
🇵🇾リベルタ +4
🇨🇱ウニベルシダ・カトリカ −2
🇦🇷ロサリオ・セントラル −1
🇧🇷グレミオ −1

[ベネズエラ代表]スペイン遠征メンバーにベテランが復帰

Embed from Getty Images

ベネズエラサッカー連盟は15日、3月に行うベネズエラ代表のスペイン遠征メンバー25名を発表しました。

ラファエル・ドゥダメル監督は32歳のベテラン、ルイス・マヌエル・セイハス(サンタフェ)をチームに呼び戻しました。前回プレーしたのは2016年6月18日、コパ・アメリカ・センテナーリオのアルゼンチン戦。約1年9ヶ月ぶりの復帰となります。

また、国内クラブに所属するのはデポルティボ・ラグアイラでプレーするアルキメデス・フィゲラただひとり。残りの24人は国外のクラブに所属する選手で構成されています。

ベネズエラ代表は22日にマドリードでアルゼンチン代表と、25日にはジローナでカタルーニャ州選抜と対戦します。

<ベネズエラ代表>
▽GK
ウイケル・ファリニェス(ミジョナリオス/COL)
ラファエル・ロモ(アポエル/CYP)
▽DF
ロベルト・ロサレス(エスパニョール/ESP)
ロナルド・エルナンデス(スターベク/NOR)
アレクサンデル・ゴンサレス(エルチェ/ESP)
ヨルダン・オソリオ(ヴィトーリア・ギマラエス/POR)
ジョン・チャンセロール(アル・アハリ/QAT)
ナウエル・フェラーレシ(ペララーダ/ESP)
ミケル・ビジャヌエバ (ジムナスティック・タラゴナ/ESP)
ルイス・マゴ(パレスティーノ/CHI)
▽MF
トマス・リンコン(トリノ/ITA)
フニオール・モレノ(D.C.ユナイテッド/USA)
アルキメデス・フィゲラ(デポルティボ・ラグアイラ)
ルイス・マヌエル・セイハス(サンタフェ/COL)
ヤンヘル・エレーラ(SDウエスカ/ESP)
ダルウィン・マチス(カディス/ESP)
ジェフェルソン・ソテルド(サントス/BRA)
セルヒオ・コルドバ(アウクスブルク/GER)
ジョン・ムリージョ(CDトンデラ/POR)
フアン・パブロ・アニョル(SDウエスカ/ESP)
▽FW
サロモン・ロンドン(ニューカッスル/ENG)
ホセフ・マルティネス(アトランタ・ユナイテッド/USA)
ハン・カルロス・ウルタード(ヒムナシア/ARG)
フェルナンド・アリステギエタ(アメリカ・デ・カリ/COL)
ジョンデル・カディス(ヴィトーリア・セトゥーバル/POR)

[ボリビア代表]韓国、日本と対戦する東アジア遠征は国内組中心

Embed from Getty Images

ボリビアサッカー連盟は14日、今月22日(vs 韓国)と26日(vs 日本)に行われる国際親善試合のメンバー23名を発表しました。

昨年は国際親善試合8試合をすべて国外で行い、そのうち6試合(韓国、サウジアラビア、ミャンマー、イラン、UAE、イラク)をアジアの代表チームと対戦したボリビア代表。今年は今月3日にホームでニカラグアと対戦(2-2で引き分け)して、このアジア遠征に臨みます。

今回は23名中、国内クラブ所属選手が21名という布陣。国外クラブに所属するのは、メキシコのプエブラに所属するルイス・アキン、アレハンドロ・チュマセロのふたりのみです。

ボリビア代表には国際Aマッチ72試合出場17得点を誇るFWマルセロ・マルティンスという選手がいます。中国の石家荘永昌に所属しており、招集可能しやすいはずですが、今回は招集外となっています。

<ボリビア代表>
▽GK
サイード・ムスタファ(ボリバル)
ルベン・コルダノ(ブルーミング)
カルロス・ランぺ(サンホセ)
▽DF
サウル・トーレス(ナシオナル・ポトシ)
ディエゴ・ベハラノ(ボリーバル)
エルウィン・サーベドラ(ボリーバル)
マルビン・ベハラノ(ザ・ストロンゲスト)
ロベルト・フェルナンデス(ブルーミング)
ルイス・アキン(プエブラ/MEX)
ホルディ・カンディア(スポルトボーイズ)
アドリアン・フシノ(ボリーバル)
マリオ・クエジャール(オリエンテ・ペトロレロ)
▽MF
レオネル・フスティニアーノ(ボリーバル)
ホセ・バルガス(ブルーミング)
サムエル・ガリンド(オールウェイズ・レディ)
アレハンドロ・チュマセロ(プエブラ/MEX)
ラウール・カストロ(ザ・ストロンゲスト)
ラミロ・バカ(ザ・ストロンゲスト)
パウル・アラノ(ブルーミング)
▽FW
レオナルド・バカ(ブルーミング)
ヒルベルト・アルバレス(ウィルステルマン)
エンリ・バカ(ザ・ストロンゲスト)
ロドリゴ・ラマージョ(サンホセ)

[ウルグアイ代表]チャイナカップのメンバーを発表!カバーニが外れる

Embed from Getty Images

ウルグアイサッカー連盟は14日、チャイナカップに臨むウルグアイ代表メンバー23名を発表しました。

オスカル・タバレス監督はまず3月1日に27名のメンバーを発表。負傷したFWエディンソン・カバーニ(パリ・サンジェルマン)らが外れ、23名に絞られています。

ウルグアイ代表は22日にウズベキスタンと準決勝を行い、25日には決勝か3位決定戦で中国かタイと対戦することになっています。

コパ・アメリカでは日本と同じグループに入っており、動向が気になるところです。

<ウルグアイ代表>
▼GK
フェルナンド・ムスレラ(ガラタサライ/TUR)
マルティン・シルバ(リベルタ/PAR)
マルティン・カンパーニャ(インデペンディエンテ/ARG)

▼DF
ディエゴ・ゴディン(アトレティコ・マドリード/ESP)
マルティン・カセレス(ユヴェントス/ITA)
ホセ・ヒメネス(アトレティコ・マドリード/ESP)
セバスティアン・コアテス(スポルティングCP/POR)
ディエゴ・ラクサール(ミラン/ITA)
マルセロ・サラッキ(ライプツィヒ/GER)
マティアス・スアレス(モンペリエ/FRA)
ジョバンニ・ゴンザレス(ペニャロール)

▼MF
ニコラス・ロデイロ(シアトル・サウンダース/USA)
マティアス・ベシーノ(インテル/ITA)
ナイタン・ナンデス(ボカ・ジュニオルス/ARG)
ジョルジアン・デ・アラスカエタ(フラメンゴ/BRA)
ロドリゴ・ベンタンクール(ユヴェントス/ITA)
ルーカス・トレイラ(アーセナル/ENG)
フェデリコ・バルベルデ(レアル・マドリード/ESP)
ガストン・ペレイロ(PSV/NED)

▼FW
ルイス・スアレス(バルセロナ/ESP)
クリスティアン・ストゥアーニ(ジローナ/ESP)
ジョナタン・ロドリゲス(クラブ・サントス・ラグナ/MEX)
マキシ・ゴメス(セルタ/ESP)