[ブラジル]グレミオとインテルナシオナル、州政府が新方針も活動続行を判断

下記のツイートによると、5日からトレーニングを再開させたグレミオとインテルナシオナルに対して、リオ・グランデ・ド・スル州の知事、エドゥアルド・レイチ氏はトレーニングは再び禁止されるということと、州選手権再開は難しいという見解を示したとのことです。

記事によると、新型コロナウイルス感染拡大防止策について、州政府は10日(日)に新たな方針を示すこととなり、その指示や各種制限は週明け月曜日(11日)から効力を発揮します。

リオ・グランデ・ド・スル州政府は、州内を地域ごとに区切って危険度をランクづけしています。危険度の高い順に黒→赤→オレンジ→黄色となり、最も危険度の高い黒はロックダウンです。

両クラブがあるポルトアレグレは現時点でオレンジとあっており、オレンジはスポーツクラブの活動が制限されるとのこと。両クラブはひとまず11日のトレーニングを中止すると発表しました。

そして迎えた11日、10日に州から出された方針を受けてクラブ内で検討した結果、両クラブともにその日の午後からトレーニングを再開させました。危険度はオレンジで変わらなかったものの、制限の内容を精査した結果、トレーニングするのは問題ないという結論に達したようです。

両クラブは下記の通り、SNSを通じてトレーニングの模様を発信しています。

[ブラジル]グレミオが8.5トンの食糧は近隣コミュニティーに寄付

Embed from Getty Images

グレミオは11日、8.5トンにおよぶ食糧を近隣のコミュニティーに寄付したことを明らかにしました。Twitterでは食糧を詰め込んだチームのバスの写真を紹介しています。

マスク販売によって得た利益で購入された食糧は、ウマイター、ファラポス、ナヴェガンチスといった地域の支援組織に送られました。担当者によると、これらの地域には「支援が必要な約1,200家族がいる」のだそうです。

新型コロナウイルスの感染拡大が止まらないブラジル全土でシーズンが中断。選手、スタッフへのサラリー減額というニュースも聞くことも珍しくありません。

クラブの運転資金を少しでも確保したい時期にも関わらず、困っている市民を助けることを優先させるのは素晴らしい行いです。同時に、この国の貧困問題があるがゆえの行いであることも忘れてはなりません。

[ブラジル]サンパウロ州サッカー連盟、活動再開は先送りに

Embed from Getty Images

サンパウロ州サッカー連盟(FPF)は4日にビデオ会議を行い、クラブの練習など活動再開の時期の決定を先送りしました。会合ではサンパウロ州の保健当局の許可がでた後、全てのチームが同時に練習再開することで合意しました。

サンパウロ州はブラジルにおける新型コロナウイルス感染拡大の中心地となっています。5月4日現在、ブラジル全体の感染者数101,147人に対して、サンパウロ州の感染者は31,772人に達しています。

サンパウロ州では外出自粛要請が出されており、5月10日に期限を迎えます。続行か解除か、ジョアン・ドリア州知事による判断を待つこととなります。

サンパウロ州選手権は3月13日-16日にかけて行われたグループリーグ第10節を最後に中断。グループリーグ2試合と決勝トーナメントが残されています。5月3日に開幕予定だったブラジル全国選手権も延期を余儀なくされていますが、FPFは州選手権を終結させることを決めています。