[ロシア]ペルー代表FWファルファンが新型コロナウイルスに感染

Embed from Getty Images

ロコモティフ・モスクワは16日、ペルー代表FWジェフェルソン・ファルファンが新型コロナウイルスに感染したと発表しました。

「彼は今モスクワにいて、今のところ入院はしていない。保健当局と医師の指示に従って、そのような判断が下されている」と、クラブ幹部は地元メディアの取材にコメント。幸にして、重症ではないようです。

アリアンサ・リマでプロデビューしたファルファンは、PSV、シャルケ、アルジャジーラを経て、2017年にロコモティフ・モスクワ入り。古巣からもSNSを通じて、応援メッセージが届けられています。

ロシアでは新型コロナウイルスの感染拡大が止まりません。感染者数はアメリカに次いで2番目に多く、30万人に迫る勢い。にも関わらず、ロシアプレミアリーグは6月21日から中断されているリーグ戦の再開を決めています。

決定通りにリーグ再開が叶うかはわかりませんが、一日も早い回復とピッチでプレーする姿が見られることを祈るばかりです。

参考記事:Jefferson Farfán dio positivo de Covid-19(2020年5月17日 ESPN DEPORTES)