[アルゼンチン]ボカの英雄テベス、愛するクラブでサッカー人生を終えるか?それとも移籍か?

Embed from Getty Images

2020年6月でボカ・ジュニオルスとの契約が切れるFWカルロス・テベスの去就が注目を集めています。

アルゼンチンのスポーツ専門チャンネル TNT Sportsは15日、クラブが1年間の契約延長オファーを出したと報じました。サラリーは50%減額されるものの、オプション付きの契約で目標に達した場合は現在とほぼ同額の金額を手にすることができるということです。

テベスはプロキャリアをボカで終えたいと願っており、「その夢を実現するために努力するつもりだ」と、ホルヘ・アメアル会長は述べています。

古巣コリンチャンスもオファーか?

一方、アルゼンチンではテベスの古巣でもあるブラジルのコリンチャンスもオファーを出したというニュースを伝えられています。

この報道に対して、コリンチャンスのアンドレス・サンチェス会長はラジオ番組に出演。「すべてが起こる可能性はあるが、テベスがやってくるという事実は公式にはまだない。テベスはコリンチャンスのアイドルであり、ロナウドの後、最もサポーターに愛された選手だ」と語り、一切の交渉を否定しています。

テベスは2005年にボカからコリンチャンス入り。ブラジル全国選手権29試合で20ゴールを挙げ、6年ぶり4度目の優勝に導いています。2シーズンで76試合出場46ゴールの成績を残しています。