[エクアドル代表]コパ・アメリカのメンバー発表!ブラジルでプレーする選手に明暗分かれる

Embed from Getty Images

エクアドル代表のエルナン・ダリオ・ゴメス監督は20日、コパ・アメリカに出場するエクアドル代表メンバー23名を発表しました。

MFアントニオ・バレンシア(マンチェスター・U)のように経験豊富な選手が招集された一方、DFシャビエル・アレアガ(シアトル・サウンダーズ)といった若手も抜擢されました。

アレアガは昨年11月の国際親善試合、パナマ戦で代表デビューしたばかりの24歳。今月、バルセロナSCからアメリカのシアトル・サウンダーズへ移籍を果たしたばかりの若手です。

選手にとっての明暗、クラブにとっての明暗

開催国・ブラジルのメディアは、コリンチャンスとサンパウロに所属するエクアドル人選手の明暗について報じています。

「明」はCBロベルト・アルボレダ(サンパウロ)。2017年6月にウニベルシダ・カトリカから加わり、ブラジル全国選手権では2シーズンで49試合に出場したセンターバックです。

一方、「暗」はMFフニオール・ソルノサ(コリンチャンス)。パチューカ、フルミネンセを経て、今シーズンから加入したミッドフィルダーは、40人の予備リストには入ったものの最終選考に残ることができませんでした。

しかしながら所属クラブにとっては、明暗が入れ替わります。第5節まで消化したリーグ戦(ブラジル全国選手権)はコパ・アメリカ開催中、約1ヶ月にわたって中断されます。

とはいえ、大会開幕(6/14)の直前、6/12,13に第9節が行われるため、代表招集された選手はそれぞれの代表の集合日によるものの、数試合を欠場しなければなりません。

選手を送り出すチームにとっては「暗」、招集されなかったクラブにとっては「明」ともなるわけです。

もちろんクラブから代表選手が出ることは名誉なことです。その選手の市場価値も上がります。しかし、大会直前までリーグ戦があることで難しい状況が生まれてしまっています。

グループCに所属するエクアドルはウルグアイ(6/16)、チリ(6/21)、日本(6/24)と対戦します。日本の対戦相手という意味でも目が離せないチームです。

コパ・アメリカに臨むエクアドル代表メンバーは次の通りです。

<エクアドル代表>
▽GK
アレクサンデル・ドミンゲス(ベレス・サルスフィエルド/ARG)
ペドロ・オルティス(デルフィン)
マキシモ・バンゲラ(バルセロナSC)

▽DF
アルトゥーロ・ミナ(マラティヤスポル=トルコ)
ロベルト・アルボレダ(サンパウロ/BRA)
ペドロ・パブロ・ベラスコ(バルセロナSC)
クリスティアン・ラミレス(クラスノダール=ロシア)
シャビエル・アレアガ(シアトル・サウンダーズ/USA)
ホセ・キンテーロ(LDUキト)
ベデル・カイセド(バルセロナSC)
ガブリエル・アチリエル(モナルカス・モレリア)

▽MF
レナト・イバーラ(クラブ・アメリカ/MEX)
カルロス・グルエソ(FCダラス/USA)
ロマリオ・イバーラ(ミネソタ・U/USA)
アイルトン・プレシアード(サントス・ラグナ/MEX)
ジェフェルソン・イントリアゴ(LDUキト)
アントニオ・バレンシア(マンチェスター・U/ENG)
ジェフェルソン・オレフエラ(LDUキト)
アンドレス・チカイサ(LDUキト)
ジェクソン・メンデス(オーランド・シティ/USA)

▽FW
カルロス・ガルセス(デルフィン)
アンヘル・メナ(レオン/MEX)
エネル・バレンシア(ティグレス/MEX)

[U-20エクアドル代表]日本と同組の南米王者がメンバーを発表

Embed from Getty Images

U-20エクアドル代表のアルゼンチン指揮官、ホルヘ・セリコ監督は25日、2019FIFA U-20ワールドカップに臨むメンバー21名を発表しました。

21名のメンバーには南米予選で6ゴールを挙げて得点王に輝いたFWレオナルド・カンパーナを始め、ベスト11に選出されたDFディエゴ・パラシオス、DFジャクソン・ポロソ、MFゴンサロ・プラタも含まれています。

南米王者として大会に挑むエクアドルはグループBに所属。日本(5/23)、イタリア(5/26)、メキシコ(5/29)と対戦します。

<U-20エクアドル代表>
▽GK
モイセス・ラミレス(レアル・ソシエダ/ESP)
ピエーレ・ベッロリオ(ウニベルシダ・カトリカ)
ヨハン・ララ(SDアウカス)
▽DF
ジャクソン・ポロソ(サントス/BRA)
ジョン・エスピノーザ(SDアウカス)
グスタボ・バジェシージャ(SDアウカス)
リカルド・ミナ(SDアウカス)
ディエゴ・パラシオス(ヴィレムII/NED)
▽MF
ホセ・シフエンテス(アメリカ・デ・キト)
ホルディ・アルシバル(LDUキト)
セルヒオ・キンテーロ(インバブラSC)
ゴンサロ・プラタ(スポルティングCP/POR)
アレシャンデル・アルバラード(SDアウカス)
ルイス・エストゥピニャン(ムシュク・ルナ)
ホルダン・レサバーラ(インデペンディエンテ・ジュニオルス)
ルイス・カスティージョ(プエルト・キト)
ルイス・ロール(インデペンディエンテ・ジュニオルス)
ジェフェルソン・アルセ(LDUキト)
▽FW
スティベン・プラサ(レアル・バリャドリード/ESP)
レオナルド・カンパーナ(バルセロナSC)
ダニエル・セグラ(アメリカ・デ・キト)

[エクアドル代表]アメリカ遠征メンバーを発表、U-20若手を抜擢!

Embed from Getty Images

エクアドルサッカー連盟は12日、3月にアメリカ、ホンジュラスと対戦する国際親善試合のメンバーを発表。マンチェスター・ユナイテッドのアントニオ・バレンシアら、23名を発表しました。

エルナン・ゴメス監督は南米選手権で優勝したU-20エクアドル代表からレオナルド・カンパーナ、ジャクソン・ポロソを抜擢。5月にポーランドで開幕するU-20ワールドカップでも主力と見込まれる若手にチャンスを与えています。

エクアドル代表は21日にアメリカ、26日にホンジュラスと対戦します。

<エクアドル代表>
▽GK
アレクサンデル・ドミンゲス(べレス・サルスフィエルド/ARG)
マキシモ・バンゲーラ(バルセロナSC)
ペドロ・オルティス(デルフィンSC)
▽DF
ファン・カルロス・パレデス(エメレク)
ガブリエル・アチリエル(モレリア/MEX)
ハビエル・アレアガ(バルセロナSC)
ジャクソン・ポロソ(サントス/BRA)
クリスティアン・ラミレス(FCクラスノダール/RUS)
ベデル・カイセド(バルセロナSC)
アンヘロ・プレシアード(CSDインデペンディエンテJT)
ロベルト・アルボレダ(サンパウロ/BRA)※
▽MF
ヘグソン・メンデス(オーランド・シティ/USA)
ジェフェルソン・オレフエラ(LDUキト)
ジェフェルソン・イントリアゴ(LDUキト)
カルロス・グルエソ(FCダラス/USA)
レナト・イバーラ(クラブ・アメリカ/MEX)
アントニオ・バレンシア(マンチェスター・ユナイテッド/ENG)
ロマリオ・イバーラ(ミネソタ・ユナイテッド/USA)
クリスティアン・ノボア(ゼニト/RUS)※
▽FW
アンヘル・メナ(クラブ・レオン/MEX)
ホハン・フリオ(LDUキト)
エネル・バレンシア(UANLティグレス/MEX)
レオナルド・カンパーナ(バルセロナSC)

※コメ印は追加招集

▽招集辞退
アイルトン・プレシアード(サントス・ラグナ/MEX)
ジョン・ナルバエス(メルガル/PER)

[U20W杯]組み合わせが決定!南米覇者エクアドルが日本と同組に

Embed from Getty Images

FIFA(国際サッカー連盟)は23日、5月にポーランドで開催されるFIFA U-20ワールドカップ2019の組み合わせ抽選会を行いました。

南米からはエクアドル、アルゼンチン、ウルグアイ、コロンビアが出場。南米予選で優勝を果たしたエクアドルは、日本と同組のグループBに入りました。

北中米カリブ海予選準優勝のメキシコ、欧州予選準優勝のイタリアが入ったグループBは混戦必至。アジア予選3位の日本にとっても厳しい戦いが予想されます。

一方、最多となる11度の優勝を誇るブラジルは決勝リーグで6チーム中5位で敗退。2大会連続で本大会の出場権を逃しただけでなく、3位までに与えられるパンアメリカンゲームズ2019の出場権も逃してしまいました。

 グループA 
ポーランド 6大会ぶり5回目
コロンビア 2大会ぶり4回目
タヒチ 5大会ぶり2回目
セネガル 3大会連続3回目
 グループB 
メキシコ 5大会連続16回目
イタリア 2大会連続7回目
日本 2大会連続10回目
エクアドル 2大会連続4回目
 グループC 
ホンジュラス 3大会連続8回目
ニュージーランド 4大会連続6回目
ウルグアイ 4大会連続15回目
ノルウェー 13大会ぶり3回目
 グループD 
カタール 2大会ぶり4回目
ナイジェリア 2大会ぶり12回目
ウクライナ 2大会ぶり4回目
アメリカ 4大会連続16回目
 グループE 
パナマ 2大会ぶり6回目
マリ 2大会ぶり7回目
フランス 2大会連続7回目
サウジアラビア 2大会連続9回目
 グループF 
ポルトガル 5大会連続12回目
韓国 2大会連続15回目
アルゼンチン 3大会連続16回目
南アフリカ 2大会連続4回目