[サントス]ペレを抜いた!15歳アンジェロがプロデビュー飾る

Embed from Getty Images

ペレ、ロビーニョ、ジエゴ、ネイマール。クラッキを輩出し続けるサントスからまた有望な若者が姿を現しました。

10月25日、ブラジル全国選手権第18節。1-2で迎えた後半15分、サントスはルーカス・ブラガに代えて、15歳のアンジェロ・ガブリエウを送り出しました。15歳10ヶ月4日でのプロデビューは王様・ペレを11日上回り、サントスの歴史で2番目に若い記録となりました(下記参照)。

アンジェロは23日にクラブと仮契約を結びました。なぜ仮契約なのかというと、規定により16歳になるまではプロ契約を結べないからです。アンジェロは12月21日に16歳の誕生日を迎えます。

試合は1-3で敗れ、5位から6位に順位を下げたサントスでしたが、新たな光明を見出した試合でもありました。

<最年少デビュー記録>
1位:コウチーニョ
14歳11ヶ月6日
1958年5月17日

2位:アンジェロ
15歳10ヶ月4日
2020年10月25日

3位:ペレ
15歳10ヶ月15日
1956年9月7日

4位:ガビゴウ
16歳4ヶ月17日
2013年1月16日

5位:サンドリィ
16歳5ヶ月1日
2019年1月31日