[アルゼンチン代表]メッシ、ディ・マリアが8ヶ月ぶりに代表復帰

Embed from Getty Images

アルゼンチンサッカー協会は7日、今年初めて行われる国際親善試合に向けたアルゼンチン代表メンバー31名を発表しました。

昨年のワールドカップロシア大会以来、代表活動を休止していたメッシが約8ヶ月ぶりに復帰を果たしました。なおアルゼンチンサッカー協会とFCバルセロナとの取り決めにより、ベネズエラ戦限定での出場になる見込みです。

キャップ数ではメッシに次ぐ、ディ・マリアも復帰を果たしています。一方、セルヒオ・アグエロ(マンチェスター・シティ)とゴンサロ・イグアイン(チェルシー)のふたりは今回も招集外。また、昨年11月のメキシコとの2連戦から14名が選ばれませんでした。

今回の親善試合を経て、スカローニ監督がどんなメンバーをコパ・アメリカに招集するのか注目です。

アルゼンチン代表は22日にベネズエラと、26日にモロッコと対戦します。

<メンバー>
 国際親善試合
位置 氏 名 所属チーム
GK アグティスン・マルチェシン クラブ・アメリカ(MEX)
GK フアン・ムッソ ウディネーゼ(ITA)
GK エステバン・アンドラダ ボカ・ジュニアーズ
GK フランコ・アルマーニ リーベルプレート
DF ヘルマン・ペッセッラ フィオレンティーナ(ITA)
DF ガブリエル・メルカド セビージャ(ESP)
DF フアン・フォイス トッテナム(ENG)
DF ニコラス・オタメンディ マンチェスター・シティ(ENG)
DF ワルテル・カンネマン グレミオ(BRA)
DF ニコラス・タグリアフィコ アヤックス(NED)
DF マルコス・アクーニャ スポルティングCP(POR)
DF ゴンサロ・モンティエル リーベルプレート
DF レンソ・サラビア ラシン
DF リサンドロ・マルティネス デフェンサ・イ・フスティシア
MF レアンドロ・パレデス パリ・サンジェルマン(FRA)
MF ギド・ロドリゲス クラブ・アメリカ(MEX)
MF ジオヴァニ・ロ・チェルソ ベティス(ESP)
MF マヌエル・ランシーニ ウエスト・ハム(ENG)
MF ロベルト・ペレイラ ワトフォード(ENG)
MF アンヘル・ディ・マリア パリ・サンジェルマン(FRA)
MF フェデリコ・サラーチョ ラシン
MF イバン・マルコーネ ボカ・ジュニアーズ
MF ドミンゴ・ブランコ デフェンサ・イ・フスティシア
MF ロドリゴ・デ・パウル ウディネーゼ(ITA)
FW リオネル・メッシ バルセロナ(ESP)
FW ゴンサロ・マルティネス アトランタ・ユナイテッド(USA)
FW パウロ・ディバラ ユベントス(ITA)
FW アンヘル・コレア アトレティコ・マドリー(ESP)
FW ラウタロ・マルティネス インテル(ITA)
FW ダリオ・ベネデット ボカ・ジュニアーズ
FW マティアス・スアレス リーベルプレート

[ブラジル代表]3月親善試合にダニエウ・アウヴェスが復帰!18歳ヴィニシウスが初招集!

Embed from Getty Images

28日、3月に行われる国際親善試合に向けたブラジル代表が発表されました。

初代表はGKウェヴェルトン(パルメイラス)とFWヴィニシウス・ジュニオール(レアル・マドリー)のふたり。

18歳のヴィニシウス・ジュニオールは今シーズンのラリーガにも出場している逸材。怪我でメンバー外となったネイマールの代役として、どんなセレソンデビューを飾るのか注目です。

一方、大会直前の負傷でワールドカップ出場を断念したダニエウ・アウヴェス(パリ・サンジェルマン)が復帰。6月に控えたコパ・アメリカに向けて、頼もしいサイドバックが戻ってきました。

ブラジル代表は3月23日にパナマと、26日にはチェコと対戦します。

<メンバー>
 国際親善試合
位置 氏 名 所属チーム
GK アリソン リバプール(ENG)
GK エデルソン マンチェスター・シティ(ENG)
GK ウェヴェルトン パルメイラス
DF アレックス・サンドロ ユベントス(ITA)
DF ダニエウ・アウヴェス パリ・サンジェルマン(FRA)
DF ダニーロ マンチェスター・シティ(ENG)
DF フィリペ・ルイス アトレティコ・マドリー(ESP)
DF エデル・ミリトン ポルト(POR)
DF マルキーニョス パリ・サンジェルマン(FRA)
DF ミランダ インテル(ITA)
DF チアゴ・シウバ パリ・サンジェルマン(FRA)
MF アラン ナポリ(ITA)
MF アルトゥール バルセロナ(ESP)
MF カゼミーロ レアル・マドリー(ESP)
MF ファビーニョ リバプール(ENG)
MF フェリペ・アンデルソン ウェストハム(ENG)
MF ルーカス・パケタ ミラン(ITA)
MF フィリペ・コウチーニョ バルセロナ(ESP)
FW エヴェルトン グレミオ
FW ガブリエル・ジェズス マンチェスター・シティ(ENG)
FW リシャルリソン エバートン(ENG)
FW ロベルト・フィルミーノ リバプール(ENG)
FW ヴィニシウス・ジュニオール レアル・マドリー(ESP)

[U20W杯]組み合わせが決定!南米覇者エクアドルが日本と同組に

Embed from Getty Images

FIFA(国際サッカー連盟)は23日、5月にポーランドで開催されるFIFA U-20ワールドカップ2019の組み合わせ抽選会を行いました。

南米からはエクアドル、アルゼンチン、ウルグアイ、コロンビアが出場。南米予選で優勝を果たしたエクアドルは、日本と同組のグループBに入りました。

北中米カリブ海予選準優勝のメキシコ、欧州予選準優勝のイタリアが入ったグループBは混戦必至。アジア予選3位の日本にとっても厳しい戦いが予想されます。

一方、最多となる11度の優勝を誇るブラジルは決勝リーグで6チーム中5位で敗退。2大会連続で本大会の出場権を逃しただけでなく、3位までに与えられるパンアメリカンゲームズ2019の出場権も逃してしまいました。

 グループA 
ポーランド 6大会ぶり5回目
コロンビア 2大会ぶり4回目
タヒチ 5大会ぶり2回目
セネガル 3大会連続3回目
 グループB 
メキシコ 5大会連続16回目
イタリア 2大会連続7回目
日本 2大会連続10回目
エクアドル 2大会連続4回目
 グループC 
ホンジュラス 3大会連続8回目
ニュージーランド 4大会連続6回目
ウルグアイ 4大会連続15回目
ノルウェー 13大会ぶり3回目
 グループD 
カタール 2大会ぶり4回目
ナイジェリア 2大会ぶり12回目
ウクライナ 2大会ぶり4回目
アメリカ 4大会連続16回目
 グループE 
パナマ 2大会ぶり6回目
マリ 2大会ぶり7回目
フランス 2大会連続7回目
サウジアラビア 2大会連続9回目
 グループF 
ポルトガル 5大会連続12回目
韓国 2大会連続15回目
アルゼンチン 3大会連続16回目
南アフリカ 2大会連続4回目

[コパアメリカ]組み合わせが決定!日本はウルグアイと同組に

Embed from Getty Images

Conmebol(南米サッカー連盟)は24日、6月14日からブラジルで開催されるコパ・アメリカ2019の組み合わせを発表しました。

開催国・ブラジルはボリビア、ベネズエラ、ペルーと同じ組。ホスト国なので組み合わせに恵まれた印象です。一方、招待国として参加する日本は前回覇者・チリ、ロシアワールドカップベスト8のウルグアイと同じ、グループC。強豪揃いの厳しいグループに入りました。

大会は6月14日、モルンビー・スタジアムで開幕戦(ブラジル vs ボリビア)が行われ、7月7日にマラカナン・スタジアムで決勝が行われます。

 グループA 
順位 チーム 勝ち点 試合数 勝ち 分け 負け 得点 失点 得失点
ブラジル
ボリビア
ベネズエラ
ペルー
 グループB 
順位 チーム 勝ち点 試合数 勝ち 分け 負け 得点 失点 得失点
アルゼンチン
コロンビア
パラグアイ
カタール
 グループC 
順位 チーム 勝ち点 試合数 勝ち 分け 負け 得点 失点 得失点
ウルグアイ
チリ
日本
エクアドル

元鹿島MFダニーロ、新天地で迎える不惑のシーズン

Embed from Getty Images

鹿島アントラーズで活躍したMFダニーロがブラジルのテレビ番組“Bem, Amigos”に出演し、今シーズンに向けた意気込みを語っています。

ダニーロは2007年から09年までの3シーズン、鹿島アントラーズに在籍。J1リーグ77試合出場6ゴールの成績を残しています。退団後に移籍したコリンチャンスではブラジル全国選手権(2011)、コパ・リベルタドーレス(2012)、FIFAクラブW杯(2012)の優勝に貢献するなど、クラブのアイドル的な存在でもあります。

しかし16年8月に負った怪我の影響で、1年以上にわたってプレーができなくなってしまいました。ウィキペディアによると、フルミネンセとの試合で復帰するまで、実に472日を要したそうです。

前述したテレビ番組のインタビューでは、クラブからフロント入りを打診されたことを明かしています。しかしダニーロが下した決断は現役続行でした。

「コリンチャンスの扉は開かれている。しかし40歳までプレーを続けたいから、もう一年プレーしなければならない。私は今、キャリアをスタートさせたゴイアスのライバルでもあるヴィラノヴァでとても状態だ」

ダニーロは今シーズン、9年間在籍したコリンチャンスを離れることを決意。新天地を求め、ヴィラノヴァ(ブラジル2部)に移籍しました。

来日初ゴールを記録した08年元日の天皇杯決勝でのシュートがいまだ記憶に新しいですね。サポーターからも愛された選手でもあったと思います。今年が現役最後のシーズンになるかもしれないダニーロのプレーから目が離せません。

コパ・スダメリカーナ2019、組み合わせが決定

Embed from Getty Images

コパ・スダメリカーナ2019の組み合わせ抽選会がConmebol(南米サッカー連盟)のあるアスンシオン(パラグアイ)で行われ、1回戦のカードが決まりました。

トーナメント方式(ホーム&アウェイ)で行われる大会は1回戦が2月5日から始まり、11月9日にペルーの首都リマのエスタディオ・ナシオナルで決勝が行われます。

大会覇者はスルガ銀行チャンピオンシップの出場権を勝ち取り、ルヴァンカップの優勝チームと対戦します。今シーズンの覇者であるアトレチコ・パラナエンセ(ブラジル)は、湘南ベルマーレと対戦します。

組み合わせは次の通り。

<1回戦カード>
モンテビデオ・ワンダラーズ vs スポルト・ワンカヨ
バイーア vs リバプール
インデペンディエンテ vs ビナシオナル
リオネグロ・アギラス vs ボリビア2
アルヘンティノス・ジュニオルス vs エストゥディアンテス・デ・メリダ
デポルティボ・ムニシパル vs コロン
ウニオン・エスパニョーラ vs ムシュク・ルナ
ウニベルシダ・テクニカ・カハマルカ vs セロ
デポルティボ・サンタニ vs オンセ・カルダス
ウニベルシダ・カトリカ vs コロコロ
リーベル・プレート vs サントス
マカラー vs グアビラー
ボリビア1 vs モナガス
ミネロス・デ・グアヤナ vs ソル・デ・アメリカ
ウニオン・ラ・カレラ vs シャペコエンセ
デポルティボ・カリ vs グアラニ
ボリビア3 vs スリア
コリンチャンス vs ラシン
インデペンディエンテ・デ・カンポ・グランデ vs ラ・エキダ
フルミネンセ vs アントファガスタ
ウニオン・デ・サンタフェ vs インデペンディエンテ・デル・バージェ
ボタフォゴ vs デフェンサ・イ・フスティシア

サントス、元アルゼンチン代表のサンパオリ氏が新監督に就任

Embed from Getty Images

サントスは17日、元アルゼンチン代表監督のホルヘ・サンパオリ氏が新監督に就任すると発表しました。契約期間は2年間と報道されています。

アルゼンチン出身のサンパオリ氏は若くして選手を引退。その後はアルゼンチンをはじめ、南米各国のクラブチームを率いました。2011年にはチリのウニベルシダ・デ・チレでコパスダメリカーナ準優勝。15年のコパアメリカではチリ代表監督として、チームを同国史上初の優勝に導いています。

その実績が欧州クラブの目に留まり、セビージャの監督を務めました。アルゼンチン代表監督として臨んだ2018年ロシアW杯ではベスト16という期待外れの成績に終わったものの、複数のクラブからオファーを受けていたようです。

★★★

下記の記事によれば、サンパオリ監督はサントス会長、ペレス氏が求める要素を満たす監督だということです。

・豊富な経験
・国外での指導経験
・テクノロジーと分析の活用
・攻撃的なサッカー
・下部組織出身選手の登用

Santos anuncia a contratação do técnico Jorge Sampaoli

サンパオリ監督と言えば、前線からのハイプレスでボールを奪い、高い位置から攻撃を始めるサッカーを志向します。そのスタイルはビエルサ監督の後継者とも言われていました。またホルヘ・バルディビア、ナスリなど10番タイプの選手を好み、登用してきたという実績もあります。

これらを踏まえて、サントスではどのようなサッカーを見せてくれるのか楽しみです。