カテゴリー別アーカイブ: 11_Jリーグ

ラファエル・シルバ、浦和レッズをアジア制覇に導く決勝点

Embed from Getty Images

ブラジル人FWラファエル・シルバがあげた値千金のゴールが浦和レッズをふたたびアジアの頂点へ押し上げた。

アウェイの地で行われた1stレグを1−1で終えた浦和レッズ。ホーム・埼玉スタジアムでサポーターの力強い後押しを受けて臨んだ2ndレグの前半は、前線からのプレスが機能してアルヒラルのパスワークを封鎖した。

0−0のまま終了すればアウェイゴール数で上回る浦和の勝利が決まる。後半も時間の経過とともに試合がヒートアップする中、全員が体を張って相手の攻撃を食い止める。そして、タイムアップまで残りわずかという88分、ついに試合が動く。

相手のクリアボールを武藤雄樹がダイレクトで前線へ蹴りこむ。クリアを試みようとしたDFがミスすると、入れ替わるように背後へ抜け出したラファエル・シルバがそのまま前進。GKとの1対1から豪快に右足を振り抜き、ゴール右隅に突き刺した。この得点が決勝点となり、浦和が1−0で勝利。10年ぶり2度目の優勝を飾った。

ラファエル・シルバが今大会9ゴール。得点王こそ逃したが、上海上港のフッキとともに得点ランキング2位の活躍を見せている。準決勝2ndレグでファイナル進出を決める決勝点をあげると、決勝1stレグでは貴重なアウェイゴールとなる先制点をゲット。そして、この日もゴールを決めるなど、重要な場面で立て続けにゴールを決めている。

大会MVPは柏木陽介に譲ったが、この男も同等の活躍をしている。