[バイーア]エジガル・ジュニオが横浜FMから長崎へ期限付き移籍

Embed from Getty Images

バイーアは29日、横浜F・マリノスに期限付き移籍しているFWエジガル・ジュニオが長崎へ期限付き移籍すると発表しました。契約期間は2020年10月28日から21年1月1日までとなっています。

エジガル・ジュニオは2016年にバイーア加入すると、3シーズンで142試合出場44ゴールを記録。ブラジル全国選手権1部への昇格、コパ・スダメリカーナ出場権獲得など、チームのステップアップに貢献してきました。

19年に横浜F・マリノス入り。J1リーグ16試合で11得点を挙げ、チームのJ1優勝に貢献しています。しかし、怪我から復帰した今シーズンは出番が減少している状況での再移籍となっています。

「ブラジルには戻らないという彼の強い希望があり、我々は彼を1月までブラジル全国選手権に登録できないことになった」と、21年まで契約を結んでいるバイーアのギリェルメ・ベリンターニ会長はコメントしています。

バイーアはブラジル全国選手権第18節終了時点で20チーム中14位。降格圏とはわずか1ポイントという位置につけており、エジガル・ジュニオの得点力に期待するところがあったのでしょう。

新型コロナウイルスの影響により、今シーズンのブラジル全国選手権は2月最終週まで予定が組まれており、日本のシーズン終了後の動向が注目されます。