[ブラジル]川崎F U-18出身の甲斐翔大も所属。元セレソンが率いる育成重視型のクラブ

川崎フロンターレの下部組織出身で、今年1月にブラジルへ渡った甲斐翔大選手の挑戦が日本経済新聞で記事になっています。

甲斐選手は川崎フロンターレU-18出身。「ダノンネーションズカップ 2015 in JAPAN」ではMVP、得点王、大会優秀選手と、個人賞を総なめにして、チーム(川崎フロンターレU-12)の優勝に貢献しました。2017年にはU-14日本選抜として、中国遠征にも参加しています。

ペスカドーラ町田などで活躍した甲斐修侍氏を父に持ち、フットサルのプレー経験もあるようです。

そんな甲斐選手がブラジルに渡ってプレーしているのが、元ブラジル代表DFエジミウソン氏が代表を務めるFC SKA BRASILです。

甲斐選手の挑戦については、上記リンクの記事をご覧ください(閲覧には会員登録が必要)。このブログでは、甲斐選手がブラジルでプレーするクラブについて紹介したいと思います。

王国ブラジルで挑むプロの道 17歳のMF甲斐(日経新聞 2020年5月20日)

元セレソン、エジミウソン氏がクラブを設立

Embed from Getty Images

エジミウソンはサンパウロ、リヨン、バルセロナなど各国のビッグクラブを渡り歩き、ブラジル代表としても40試合に出場したセンターバック。UEFAチャンピオンズリーグとFIFAワールドカップを制した、数少ない選手のひとりでした。

2012年に引退後は、現役時代に立ち上げたエジミウソン財団(http://www.fundacaoedmilson.org.br)の活動を通じて、子どもたちの成長をサポートする活動を続けてきました。そして2019年6月、日本のスカイライトコンサルティング株式会社とともに会社を設立し、「FC SKA BRASIL」です(日本ではFCスカイ ブラジルと呼ばれています)を創設しました。

クラブはサンパウロ州サンタナ・デ・パルナイーバ市を拠点として、選手は合宿生活を送りながらテレ・サンターナCFAでトレーニングを積みます。

また、同市をホームタウンとするオサスコFC(サンパウロ州2部所属)と10年間の提携契約を結び、チームがU-23サンパウロ州選手権に出場することが可能となりました。

リーグは4月18日、19日に開幕が予定されていましたが、新型コロナウイルス感染拡大の影響で延期となっています。

エジミウソン氏は巻誠一郎氏との対談で、育成について次のように持論を語っています。

「一番は人間形成です。実体験を通じてわかったのは、ただサッカーが上手なだけでは、世界のトップレベルに到達することはできないということです。ブラジルにもいますが、とてつもない才能があるのに、怠け者で努力をしない結果、サッカー以外のことに意識が向いてしまい、ルートから外れてしまう選手がいます。これは非常にもったいないことです。たとえサッカー選手になれなかったとしても、社会に出たときに恥ずかしくないように、目標に向かって自分の人生を進んでいくことのできる人間になってほしい。」

出典:巻誠一郎がブラジルのレジェンドから学ぶ「多様なセカンドキャリア」(2019年9月10日 web Sportiva)

甲斐選手が所属するFC SKA BRASILが参戦するU-23サンパウロ州選手権はMyCujooでの配信が予定されています。甲斐選手のプレーはもちろん、彼のプレーを通じて、このクラブがどのような人材を送り出すかについても注目したいと思います。