[韓国]蔚山現代FWジュニオール、母国への想いを込めたKリーグ開幕戦ゴール

8日から10日に第1節6試合が行われた韓国Kリーグ。得点ランキング首位に立ったのは蔚山現代のブラジル人FWジュニオール・ネゴンでした。

ホームに尚州尚武を迎えた開始早々の8分、味方のスルーパスに走り込むと、飛び出してきた相手GKより一瞬早く追いつき、右足で流し込み先制点。前半アディショナルタイムにはPKを決め、2ゴールを挙げて4-0の勝利に貢献しました。

ジュニオールは先制点を挙げた直後、テレビカメラの前でユニホームをまくり上げ、「フォルサ ブラジル!(ブラジル頑張れ!)」と書かれたシャツを見せて、母国にメッセージを送りました。さらにPKを決めた後には、天を指差し祈りを捧げていました。

「非常に複雑な気持ちです。ぼくがとても心配していることを伝えなければならなかった。ぼくには健康の分野で働いていて新型コロナウイルスに感染した家族がいます。そして、友人は感染して亡くなりました」とコメントしています。

参照記事:Atacante faz gol no Campeonato Coreano e presta homenagem com camisa: “Força, Brasil!”(2020年5月10日 globoesporte)