[ブラジル]ボタフォゴ、本田圭佑が3月分の給与返済を申し出る

Embed from Getty Images

ボタフォゴに所属する本田圭佑選手が新型コロナウイルスの影響で活動休止を余儀なくされ、財政的にも逼迫しているクラブに対して、3月分のサラリー返上をクラブに申し出ていたことがわかりました。

この申し出は、かつてはクラブの会長を務め、現在のクラブ幹部のひとりであるカルロス・アウグスト・モンテネグロ氏によって明らかになりました。ジャーナリスト、ジョルジ・ニコラ氏(@jorgenicola)のYouTubeチャンネルに出演したモンテネグロ氏は、次のようにコメントしています。

「”私は3月分のサラリーを受け取らないつもりだ。クラブが(財政的に)厳しい状況にあることを知っているからです”と彼は言った。彼は日本に住む家族と離れて、ここブラジルで暮らしています。彼の素晴らしい振る舞いは模範的です」

クラブはこの申し出を受けることはなく、「選手へのサラリー削減は5月分も起こらない」と、モンテネグロ氏はgroboesporteの取材に答えています。

本田選手は4月27日、自身のTwitterで”経営者が直ぐにでも年俸の高い選手から順に給与カットのお願いしにいくべき。誠意を持って話せば多くの選手は理解を示すはず。じゃないと潰れるチームが増えて結果的にファンが悲しむことになる”とツイートしており、今回は自らアクションを起こした形となりました。

クラブに対する本田選手の想い、選手たちに対するクラブの想い。この両方が実り、一日でも早く正常化することを祈るばかりです。

参照記事:Montenegro afirma que Honda abriu mão do salário de março em razão da pandemia(2020年5月10日 globoesporte)