[中国代表]エウケソンとリカルド・グラールが中国帰化のオファーを受け入れ

中国スーパーリーグでプレーするブラジル人選手、エウケソン(上海上港)とリカルド・グラール(広州恒大)が中国サッカー連盟からのオファーを受け入れ、同国に帰化した上で中国代表としてプレーすることが明らかになりました。

中国からの報道を元に29日にはブラジルでも報じられ、31日のニッケイ新聞でも記事になっていました。

《サッカー》リカルド・グラールとエウケソンが中国帰化へ=同国リーグではスーパースター
(ニッケイ新聞 2019年5月31日付)

中国では圧倒的な成績を残す2人

Embed from Getty Images

エウケソンはボタフォゴ、ヴィトーリアでプレーした後、2013年に広州恒大入り。13年と14年には得点王を獲得するなど、中国スーパーリーグ5連覇に貢献しています。上海上港に移籍した16年以降も活躍を続け、今年4月にはAFCアジアチャンピオンズリーグ(以下、ACL)のグループリーグで川崎フロンターレとも対戦しています。

Embed from Getty Images

リカルド・グラールは15年に広州恒大へ加わり、エウケソンとも1シーズン共にプレーしています。その年のACLでは大会MVPと得点王のタイトルを獲得し、クラブの2年ぶり2回目となるアジア制覇に貢献。中国スーパーリーグでも年間MVPに輝いています。今シーズンはパルメイラスへ期限付き移籍したものの、5月には帰還を果たしています。

帰化選手を軸に強化を進める中国代表

中国代表はイタリア代表を率いたこともあるマルチェロ・リッピ監督の下、2022年W杯カタール大会で5大会ぶりの出場を目指しています。

30日に発表された6月に行われる国際親善試合の中国代表メンバーには、両親がキプロスと中国出身で自身はイングランドで生まれたMFニコ・イェナリス(北京国安)を招集したばかり。

FIFA(国際サッカー連盟)の規定では帰化選手が代表チームでプレーするためには、その国に5年以上滞在することが条件となります。2013年に広州恒大に加入したエウケソンはすでにその条件をクリアしており、リカルド・グラールも2020年1月には条件を満たすとのこと。

エウケソンは2011年、リカルド・グラールは14年にブラジル代表に招集され、試合に出場しているものの、いずれも国際親善試合だったため中国代表でプレーすることに問題はありません。

今年9月にはアジア2次予選が始まります。まだ組み合わせは発表されていませんが、中国代表の動向から目が離せません。

[エクアドル代表]コパ・アメリカのメンバー発表!ブラジルでプレーする選手に明暗分かれる

Embed from Getty Images

エクアドル代表のエルナン・ダリオ・ゴメス監督は20日、コパ・アメリカに出場するエクアドル代表メンバー23名を発表しました。

MFアントニオ・バレンシア(マンチェスター・U)のように経験豊富な選手が招集された一方、DFシャビエル・アレアガ(シアトル・サウンダーズ)といった若手も抜擢されました。

アレアガは昨年11月の国際親善試合、パナマ戦で代表デビューしたばかりの24歳。今月、バルセロナSCからアメリカのシアトル・サウンダーズへ移籍を果たしたばかりの若手です。

選手にとっての明暗、クラブにとっての明暗

開催国・ブラジルのメディアは、コリンチャンスとサンパウロに所属するエクアドル人選手の明暗について報じています。

「明」はCBロベルト・アルボレダ(サンパウロ)。2017年6月にウニベルシダ・カトリカから加わり、ブラジル全国選手権では2シーズンで49試合に出場したセンターバックです。

一方、「暗」はMFフニオール・ソルノサ(コリンチャンス)。パチューカ、フルミネンセを経て、今シーズンから加入したミッドフィルダーは、40人の予備リストには入ったものの最終選考に残ることができませんでした。

しかしながら所属クラブにとっては、明暗が入れ替わります。第5節まで消化したリーグ戦(ブラジル全国選手権)はコパ・アメリカ開催中、約1ヶ月にわたって中断されます。

とはいえ、大会開幕(6/14)の直前、6/12,13に第9節が行われるため、代表招集された選手はそれぞれの代表の集合日によるものの、数試合を欠場しなければなりません。

選手を送り出すチームにとっては「暗」、招集されなかったクラブにとっては「明」ともなるわけです。

もちろんクラブから代表選手が出ることは名誉なことです。その選手の市場価値も上がります。しかし、大会直前までリーグ戦があることで難しい状況が生まれてしまっています。

グループCに所属するエクアドルはウルグアイ(6/16)、チリ(6/21)、日本(6/24)と対戦します。日本の対戦相手という意味でも目が離せないチームです。

コパ・アメリカに臨むエクアドル代表メンバーは次の通りです。

<エクアドル代表>
▽GK
アレクサンデル・ドミンゲス(ベレス・サルスフィエルド/ARG)
ペドロ・オルティス(デルフィン)
マキシモ・バンゲラ(バルセロナSC)

▽DF
アルトゥーロ・ミナ(マラティヤスポル=トルコ)
ロベルト・アルボレダ(サンパウロ/BRA)
ペドロ・パブロ・ベラスコ(バルセロナSC)
クリスティアン・ラミレス(クラスノダール=ロシア)
シャビエル・アレアガ(シアトル・サウンダーズ/USA)
ホセ・キンテーロ(LDUキト)
ベデル・カイセド(バルセロナSC)
ガブリエル・アチリエル(モナルカス・モレリア)

▽MF
レナト・イバーラ(クラブ・アメリカ/MEX)
カルロス・グルエソ(FCダラス/USA)
ロマリオ・イバーラ(ミネソタ・U/USA)
アイルトン・プレシアード(サントス・ラグナ/MEX)
ジェフェルソン・イントリアゴ(LDUキト)
アントニオ・バレンシア(マンチェスター・U/ENG)
ジェフェルソン・オレフエラ(LDUキト)
アンドレス・チカイサ(LDUキト)
ジェクソン・メンデス(オーランド・シティ/USA)

▽FW
カルロス・ガルセス(デルフィン)
アンヘル・メナ(レオン/MEX)
エネル・バレンシア(ティグレス/MEX)

[ブラジル代表]フェルナンジーニョが1年ぶり復帰!コパ・アメリカのメンバーを発表

Embed from Getty Images

CBF(ブラジルサッカー連盟)は17日、コパ・アメリカに向けたブラジル代表メンバー23名を発表しました。

「最も難しいリスト」(直訳)

チッチ監督がそう明かすほど、今大会の招集リスト作成は困難を極めました。なかでも注目を集めたのが3人のボランチです。

フェルナンジーニョ(マンチェスター・シティ)とカゼミーロ(レアル・マドリー)が選出された一方、「素晴らしいパフォーマンスを見せている」とチッチ監督も認めるファビーニョ(リバプール)が招集外となっています。

またフェルナンジーニョはワールドカップロシア大会以来、1年ぶりの復帰となりました。

ブラジル代表は6月14日にボリビア、18日にベネズエラ、22日にペルーと対戦します。

<ブラジル代表>
▽GK
アリソン(リヴァプール/ENG)
エデルソン(マンチェスター・C/ENG)
カッシオ(コリンチャンス)

▽DF
ダニエウ・アウヴェス(パリ・サンジェルマン/FRA)
ファグネル(コリンチャンス)
フィリペ・ルイス(アトレティコ・マドリード/ESP)
アレックス・サンドロ(ユヴェントス/ITA)
チアゴ・シウヴァ(パリ・サンジェルマン/FRA)
マルキーニョス(パリ・サンジェルマン/FRA)
ミランダ(インテル/ITA)
エデル・ミリトン(ポルト/POR)

▽MF
カゼミーロ(レアル・マドリード/ESP)
フェルナンジーニョ(マンチェスター・C/ENG)
アラン(ナポリ/イタリア)
ルーカス・パケタ(ミラン/ITA)
フィリペ・コウチーニョ(バルセロナ/ESP)
アルトゥール(バルセロナ/ESP)

▽FW
ネイマール(パリ・サンジェルマン/FRA)
リチャーリソン(エヴァートン/ENG)
ロベルト・フィルミーノ(リヴァプール/ING)
ガブリエウ・ジェズス(マンチェスター・C/ENG)
ダヴィド・ネレス(アヤックス/NED)
エヴェルトン(グレミオ)

[U-20アルゼンチン代表]U-20W杯に臨む21名を発表、キャプテンは18歳のCB

Embed from Getty Images

U-20アルゼンチン代表を率いるフェルナンド・バティスタ監督は3日、5月23日からポーランドで開催される2019FIFA U-20ワールドカップのメンバー21名を発表しました。

キャプテンを務めるのはセンターバック、ネウエン・ペレス。昨年7月にアトレティコ(スペイン)への移籍を果たした18歳で、年上の選手もいる中でキャプテンを託されました。2018/19シーズンは所属元であるアルヘンティノス・ジュニオルスにレンタルバックされ、リーグ戦3試合に出場しています。

アルゼンチンはグループFに所属。南アフリカ(5/25)、ポルトガル(5/28)、韓国(5/31)と対戦します。

メンバーは次の通りです。

<U-20アルゼンチン代表>
▽GK
マヌエル・ロッフォ(ボカ・ジュニルス)
ヘロニモ・ポウルタウ(エストゥディアンテス)
ホアキン・ブラスケス(バレンシア/ESP)
▽DF
ネウエン・ペレス(アトレティコ/ESP)
フランシスコ・オルテガ(ベレス・サルスフィエルド)
ファクンド・ムラ(エストゥディアンテス)
マクシミリアーノ・セントゥリオン(アルヘンティノス・ジュニオルス)
マルセロ・ウェイガン(ボカ・ジュニルス)
ファクンド・メディナ(タジェレス)
▽MF
サンティアゴ・ソーサ(リーベル・プレート)
アグスティン・アルメンドラ(ボカ・ジュニルス)
ゴンサロ・マローニ(タジェレス)
アニバル・モレノ(ニューウェルス・オールド・ボーイズ)
ファウスト・ベラ(アルヘンティノス・ジュニオルス)
クリスティアン・フェレイラ(リーベル・プレート)
エセキエル・バルコ(アトランタ・ユナイテッド/USA)
▽FW
フリアン・アルバレス(リーベル・プレート)
アドルフォ・ガイチ(サンロレンソ)
アグスティン・ウルシ(バンフィエルド)
トマス・チャンカライ(コロン)
ペドロ・デ・ラ・ベガ(ラヌース)